スポンサードリンク




【あさイチ】京都の季節の煮物鯛かぶらの作り方を紹介!篠原武将さんのレシピ

京都の季節の煮物鯛かぶらあさイチ

京都の季節の煮物鯛かぶら
2021年10月14日放送のあさイチはみんな!ゴハンだよ「チーズがとろ~り!京都の季節の煮物鯛かぶら」で京都の季節の煮物鯛かぶらの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは銀座 しのはら店主の篠原武将さんです。




京都の季節の煮物鯛かぶらのレシピ

京都の季節の煮物鯛かぶらの材料(2人分)

・かぶ(大):2個(約200g)
・水:500㎖
・鯛(切り身):2切れ
・塩:適量
・だし:200㎖
・酒:50㎖
・みりん:30㎖
・薄口しょう油:25㎖
・塩:ふたつまみ
・春菊の葉:2本分
・柚子の皮(白い部分を除きせん切り):適量

京都の季節の煮物鯛かぶらの作り方

1)かぶは皮を2mmほどの厚さにむき、半分に切ります。
2)鍋(直径20㎝ほどがおススメ)に入れ、水を加えて強火にかけます。
3)煮立ったら、弱めの中火で20分間ほど串が刺さる程度に煮ます。
4)鯛は3~4等分に切り、塩を両面にまべんなくふって30分以上おきます。
POINT:多めの塩で鯛の味を引き出します。
POINT:水気をしっかり出して雑味を出します。

5)フツフツ沸いた湯で2回に分けて霜降りして氷水に取り、表面を優しく洗いて水気を切ります。
6)(3)にだし、酒、みりん、薄口しょう油、塩を加え、強めの中火でひと煮立ちさせます。
7)ひと煮立ちしたら、弱めの中火にして10分間煮ます。
8)(5)の鯛を加え、弱めの中火で10分間煮ます。
9)春菊の葉(サッと茹でて氷水に取り、水気を絞る)を加え、3分ほど煮ます。
10)器に盛り付け、ゆずの皮をのせてだしをかければ出来上がりです。

まとめ

京都の季節の煮物鯛かぶらについてまとめました!
お試しください。
【きょうの料理】余り食材のうまみたっぷりスープの作り方を紹介!佐々木浩さんのレシピ


最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました