スポンサードリンク




【世界一受けたい授業】発酵食品レシピ!自然の乳酸菌を使う発酵玉ねぎの作り方を紹介!

自然の乳酸菌を使う発酵玉ねぎレシピ

自然の乳酸菌を使う発酵玉ねぎ
2021年9月4日放送の世界一受けたい授業は夜仕込んで朝食べられる!DIY発酵食品ベスト5で普通のキムチより乳酸菌が多く含まれる発酵玉ねぎの作り方について紹介されました!
教えてたのは東京農業大学教授の前橋健二さんです。




自然の乳酸菌を使う発酵玉ねぎのレシピ

自然の乳酸菌を使う発酵玉ねぎの材料(作りやすい分量)

・玉ねぎ:400g
・水:100ml
・塩:12g

自然の乳酸菌を使う発酵玉ねぎの作り方

1)玉ねぎは洗い、みじん切りにします。
2)ジッパーバッグに入れて塩を加え、袋の外から塩が全体に馴染むように揉み込みます。
3)水を加えて空気を抜き、口を閉じます。
4)直射日光の当たらない常温の場所で夏場は1日、冬場は6日ほどが目安で発酵させます。
5)汁が白く濁り、辛みが抜けて酸味が出ていたら出来上がりです。
玉ねぎにはアリシンという血液サラサラ成分が含まれていて発酵させることで健康を維持するアミノ酸、腸をキレイにしてくれる乳酸菌、貧血予防のビタミンB12などとても体に良い食品に進化するそうです。
保存:冷蔵庫で1週間ほどで食べてください。

まとめ

自然の乳酸菌を使う発酵玉ねぎについてまとめました!
さらにうま味や甘味も増していろんな料理の薬味として使えます。
【世界一受けたい授業】発酵食品レシピ!ピスタチオ味噌の作り方を紹介!
【世界一受けたい授業】発酵食品レシピ!乳酸菌が豊富水キムチの作り方を紹介!
【世界一受けたい授業】発酵食品レシピ!肥満予防発酵あんこの作り方を紹介!
【世界一受けたい授業】発酵食品レシピ!飲む点滴甘酒の作り方を紹介!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました