スポンサードリンク




【おかずのクッキング】とうもろこしのカルボナーラの作り方を紹介!笹島保弘さんのレシピ

とうもろこしのカルボナーラおかずのクッキング

とうもろこしのカルボナーラ
2021年8月22日放送のおかずのクッキングでとうもろこしのカルボナーラの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはイル・ギオットーネ 京都店オーナーシェフの笹島保弘さんです。




とうもろこしのカルボナーラのレシピ

とうもろこしのカルボナーラの材料(2人分)

・スパゲッティ(1.6mm):160g
・昆布:5g
・とうもろこし:80g(正味)
・ベーコン(塊):100g
・卵黄:4個
・パルミジャーノチーズ(すりおろし):20g
・E.V.オリーブ油:大さじ1+1/2
・塩:適量
・粗びき黒こしょう:適量

とうもろこしのカルボナーラの作り方

1)とうもろこしは芯を3等分に切り、包丁で芯から実をこそげ落とします(芯は取りおきます)。
POINT:カルボナーラの塩気×野菜の甘みで美味しくなります。
きのこ・冬かぶなどもおすすめだそうです。

2)ベーコンは、棒状に切ります。
▼笹島流美味しい茹で方
3)鍋にたっぷりの湯を沸かし、昆布、とうもろこしの芯を入れて中火で10分ほど煮ます(茹で汁200mlを取り分けます)。
昆布の代わりにめんつゆ・白だし・昆布茶でも可(しっかり味を感じる程度加えます)。

4)ゆで汁に少し多めに塩を加え、スパゲッティ(1.6mm 160g)を入れて軽く混ぜたら弱火にして茹でます。
POINT:しっかりと塩味をつけます。
▼笹島流カルボナーラソース作り
5)冷たいフライパンにベーコン、E.V.オリーブ油を入れて火にかけ、ベーコンを炒めて脂を出します。
6)ベーコンの脂が出てきたら、フライパンを傾けて手前にとうもろこしを入れて塩少々をふり、ベーコンの脂で炒めます。
POINT:とうもろこしだけに塩をふります。
POINT:塩をふることで焦げにくくなります。

7)とうもろこしが炒たまったら、全体を混ぜます。
8)(3)で取り分けたゆで汁を加え、再び沸騰させて煮立ったらソースの完成です。
9)沸騰させた(8)に表示の茹で時間より1分ほど早めに引き上げたスパゲッティを加え、うま味を吸わせるように和えます。
10)水分を残して火を止め、卵黄、パルミジャーノチーズを加えて和え、余熱で卵黄に火を通します。
POINT:パサつくようなら、スパゲッティのゆで汁少々を加えて調整します。
カルボナーラ:本場ローマでは生クリームを使わず卵とチーズだけで仕上げます。

11)器に盛り付け、たっぷりの粗びき黒こしょうをかければ出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。

とうもろこしのカルボナーラについてまとめました!
生クリームを使わないローマ風カルボナーラです。
【おかずのクッキング】牛肉のカレー炒り煮の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
【おかずのクッキング】ねぎ肉巻きの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
【おかずのクッキング】牛肉の冷やししゃぶしゃぶサラダの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました