スポンサードリンク




【おかずのクッキング】プルコギビビンバ弁当の作り方を紹介!きじまりゅうたさんのレシピ

プルコギビビンバ弁当レシピ

プルコギビビンバ弁当
2021年5月16日放送のおかずのクッキングでプルコギビビンバ弁当の作り方について紹介されました!
教えてくれたのは料理研究家のきじまりゅうたさんです。




プルコギビビンバ弁当のレシピ

プルコギビビンバ弁当の材料(2人分)

▼漬け込みプルコギ
・たまねぎ:1/4個
・ピーマン:1個
・牛切り落とし肉:150g
・砂糖:小さじ2
・おろしにんにく:小さじ1/2
・しょうゆ:小さじ3
・ごま油:小さじ1
▼にんじんともやしの柚子こしょうナムル
・にんじん(細):4cm
・もやし:100g
・白すりごま:小さじ2
・ごま油:小さじ1
・柚子こしょう:小さじ1/4
・塩:少々
▼マーブル目玉焼き
・卵:2個
・ごま油:小さじ1
▼韓国のりご飯
・ご飯:2杯分
・ごま油:小さじ2
・韓国のり:3枚分

・コチュジャン:適量

プルコギビビンバ弁当の作り方

▼漬け込みプルコギ(夜のちょい仕込み)
1)たまねぎとピーマンは繊維に反って5mm幅に切り、ポリ袋に入れます。
2)野菜の上に食べやすい大きさに切った牛肉を加えます。
3)砂糖、おろしにんにく、しょうゆ、ごま油を加えて袋の上から肉をほぐしてもみ込み、袋の空気を抜いてしっかり縛り、冷蔵庫でひと晩おきます。
POINT:空気を入れて振り、肉をほぐします。
夜ちょい仕込みのメリット:調味料が馴染んで余計な水分が出ます。
▼にんじんともやしの柚子こしょうナムル(夜のちょい仕込み)
4)にんじんは皮をむいて5mm幅の細切りにし、もやしと一緒に耐熱ボウルに入れてサッと混ぜ合わせます。
5)ラップをして電子レンジ(600W)で1分30秒加熱します。
6)粗熱がとれたらラップをかけ直し、冷蔵庫でひと晩おきます。
▼翌朝プルコギ仕上げ
7)フライパンを火にかけ、油をひかずに(3)で仕込んでおいた具材を漬け汁ごと入れ、肉に火が通るまで炒めます。
POINT:すでに水分が出ているので短時間でできます。
▼翌朝にんじんともやしの柚子こしょうナムル仕上げ
8)(6)に水分を吸ってくれる白すりごま、ゴマ油、柚子こしょう、塩を加え、和えます。
▼マーブル目玉焼きを作ります。
9)フライパンにごま油を熱し、予め2つのボウルなどに割り入れた卵をそれぞれ離してゆっくり入れます。
POINT:ボウルなどでゆっくり入れると形が整います。

10)フォークなどで黄身と白身をつぶし、底面が固まったら裏返して両面を焼きます。
POINT:つぶしておけば、普通の目玉焼きより火の通りが早くなります。
▼韓国のりご飯を作ります。
11)ボウルに入れたご飯にごま油、韓国のりをちぎって加え、混ぜます。
12)弁当箱にご飯をまんべんなく敷き、ナムル、プルコギをのせて最後にマーブル目玉焼きをのせ、お好みでコチュジャンを添えれば出来上がりです。

詳細はおかずのクッキングテキストをご覧ください。
プルコギビビンバ弁当についてまとめました!
夜に仕込んでおけば朝は簡単ですね。
【おかずのクッキング】鯵の煮つけの作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました