スポンサードリンク




【おかずのクッキング】特製オムライスの作り方を紹介!坂本良太郎さんのレシピ

特製オムライスおかずのクッキング

特製オムライス
2021年4月25日放送のおかずのクッキングで特製オムライスの作り方について紹介されました!
教えてくれたのは浅草グリルグランドシェフの坂本良太郎さんです。




特製オムライスのレシピ

特製オムライスの材料(2人分)

▼デミグラスソース(作りやすい分量)
・バター(無塩):少々
▼A
・スライスベーコン(1cm幅に切る):30g
・玉ねぎ(横1cmの半月切り):100g
・にんじん(1cm幅のいちょう切り):50g
・赤ワイン:200ml

・デミグラスソース缶(市販):3缶(870g)
・水:50ml
・トマトケチャップ:30g
▼チキンライス
・鶏もも肉(小さめの角切り):60g
・トマトケチャップ:60g
▼B
・オリーブ油:大さじ2強
・バター(無塩):20g
▼C
・たまねぎ(みじん切り)、マッシュルーム(薄切り):各40g
・白ワイン:少々
▼D
・バターライス:300g
・塩:少々
・こしょう:少々
▼バターライス
・米:1合
・バター:10g
▼オムレツ
・卵(Mサイズ):6個
・バター(無塩):20g

・塩:適宜
・こしょう:適宜
・砂糖:適宜

特製オムライスの作り方

▼デミグラスソースを作ります。
1)深めの鍋にバターを溶かして(A)のスライスベーコン、玉ねぎ、にんじんを入れ、強火で鍋底が焦げるくらいまで炒めます。
POINT:水分が蒸発しすぎないよう深めの鍋を使用します。
POINT:鍋底が焦げるくらいまで炒めます。

2)鍋底が焦げてきたら赤ワインを注ぎ、鍋底についた焦げ(うまみ)をヘラでこそげ落とすように混ぜ、汁気がほぼなくなるまで煮つめます。
POINT:赤ワインで焦げをこそげ落とします。

3)デミグラスソース缶、缶に残ったソースを分量の水で溶かして加えて混ぜ、煮立ったら弱火にし、焦げないよう時々混ぜながら、20分煮ます。
4)別の深めの小鍋にザルをのせ、(3)をこします。
POINT:こして舌触りを滑らかにします。

5)鍋を弱火にかけ、トマトケチャップを入れて味見をし、塩、こしょう、砂糖で味を調えます。
▼坂本流チキンライスの作り方
6)バターライスは米1合に対してバター10gを加えて普通に炊き、よく混ぜて保存容器に移し、冷めたらフタをして冷蔵庫で一晩おきます。
7)フライパンに(B)のオリーブ油を強火で熱し、バターを溶かして鶏もも肉を入れ、バターを焦がさないように色が変わるまで炒めます。
8)(C)を加えて炒め、玉ねぎがしんなりしたら、(6)のバターライス、塩、こしょう各少々を加え、ご飯が熱々になるまで炒めます。
9)トマトケチャップを加えて素早く全体に混ぜ、器に1人分ずつ盛り付けます。
POINT:最後に加えることでべちゃべちゃになりません。
▼坂本流オムレツの作り方
10)ボウルに1人分の卵3個を割り、泡だて器で溶き、ザルでこします。
POINT:卵白のコシがなくなるまでしっかり溶きます。

11)フライパンを強火で煙がでるまで熱してバターを溶かし、(10)の溶き卵入一気に混ぜれます。
POINT:強火で煙がでるまで熱します。
POINT:卵は円を描くように手早く混ぜます。

12)半熟になったら折りたたみ、フライパンの縁に寄せて形を整え、(9)のチキンライスにのせます。
13)オムレツを切り開き、(5)のデミグラスソースを好みの量かけます。
14)同様にもう1人分作れば出来上がりです。
詳細はおかずのクッキング2021年4/5月号をご覧ください。

特製オムライスについてまとめました!
お店の味を分かりやすく教えてくれました。
【おかずのクッキング】酢豚の作り方を紹介!土井善晴さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました