スポンサードリンク




【きょうの料理】ボンゴレビアンコの作り方を紹介!落合務さんのレシピ

ボンゴレビアンコレシピ

ボンゴレビアンコ
2021年4月13日放送のきょうの料理はプロ直伝! 「ボンゴレビアンコを極める」でボンゴレビアンコの作り方について紹介されました!
教えてくれたのはラ・ベットラ・ダ・オチアイオーナーシェフの落合務さんです。




ボンゴレビアンコのレシピ

ボンゴレビアンコの材料(2人分)

・あさり(砂抜きしたもの):約30個(500g)
▼アーリオ オーリオ・ペペロンチーノ
※にんにく風味のオイルソース
・にんにく:2~3かけ(20~30g)
・赤とうがらし:1本
・オリーブ油:大さじ4(60ml)

・スパゲッティ(1.4mm)140g
・イタリアンパセリ(みじん切り)適宜

・にんにく:2~3かけ(20~30g)
・赤とうがらし:1本
・オリーブ油:大さじ4(60ml)

・塩
・バター:10g

ボンゴレビアンコの作り方

▼アーリオ オーリオ・ペペロンチーノを作ります。
1)にんにくは3~4等分の厚めの薄切りにします。
POINT:厚めの薄切りだと火の通り具合が分かりやすくなります。

2)赤とうがらしは半分にして種を除きます。
3)冷たいフライパンにオリーブ油、にんにくを入れて強火にかけます。
4)にんにくから泡が出て香りがたったらごく弱火にし、フライパンを斜めにして竹串がスッと入るまで焦がさないように火を通します。
5)火を止め、赤とうがらしを加えて軽く混ぜ、オリーブ油に香りを移します。
6)あさりは殻をこすり合わせてよく洗い、水気を切って(5)に加え、水カップ1/4を加えてフタをして強火で蒸します。
POINT:白ワインより水の方がアルコールを飛ばす手間がなく失敗しにくいです。

7)鍋に熱湯2Lを沸かし、塩20~25gを溶かします(塩分濃度1%強が目安)。
8)スパゲッティを袋の表示時間より1分間短く、中火であまりかき混ぜず茹でます。
POINT:ソースと和える間にも火が通るため茹で時間は1分短めにします。
POINT:火加減に気を付けて麺を躍らせないようにします。

9)(6)のあさりの口が開いたらフタを取り、中火で汁けが3/4量くらいになるまで煮詰めます。
10)バター10gを加え、フライパンを揺すりながら軽く混ぜて白く濁るまでとろみをつけます。
11)スパゲッティが茹で上がったら湯を切り、(10)のソースに加えます。
12)ごく弱火にかけながら、炒めずに全体をザっと和えて皿に盛り付けます。
13)好みでイタリアンパセリを散らせば出来上がりです。

詳細はきょうの料理2021年4月号をご覧ください。

まとめ

ボンゴレビアンコについてまとめました!
今回はアーリオ オーリオ・ペペロンチーノの作り方の基本を教えてくれました。
【きょうの料理】アーリオ オーリオ・トマトのホットサラダの作り方を紹介!落合務さんのレシピ
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました